チャンス大城のすべらない話が強烈すぎw本名や生い立ち(芸歴)、出身はどこ?

   

1/20 21時から放送の「人志松本のすべらない話」にチャンス大城さんが初登場します。

 

チャンス大城さんと言えば、年末に放送されたとんねるずのみなさんのおかげでしたの人気コーナー「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」でノンフィクションのネタをやって話題になっていましたね!

 

そんなチャンス大城さんですが、実は過去のエピソードや生い立ちがかなり強烈なんですw

今回放送されるすべらない話でも、過去の実体験をもとにしたお話が聞けるのではないかと期待しています。

 

さらに、同期の芸人さんは売れっ子ばかりということで、何とも興味が湧く人ですよね^^

 

 

ということで、今回はチャンス大城さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

チャンス大城さんの本名や出身などのプロフィール

それでは早速、ご紹介していきます。

・本名   :大城文章
・生年月日 :1975年1月22日
・出身血  :兵庫県尼崎市
・所属事務所:現在はフリー(過去に吉本興業と大川工業に在籍)
・大阪NSC8期生、13期生(詳細は後述)

 

出身は、ダウンタウンと同じ尼崎だそうで、お笑いを始めたきっかけは、松本人志さんだそうです。

 

現在はフリーで活動しているんですが、過去には大川興業にもいたそうで、大川工業と言えば、江頭2:50が所属していることでも知られていますよね。

 

 

壮絶な過去の生い立ちやエピソードが凄すぎる!臓器がすべて反対の内臓逆位という特異体質!

実は、今でこそ、テレビやラジオなどで過去の実体験をネタにしていますが、当時は相当壮絶ないじめにあっていたそうです。

 

特に、定時制の高校に通っていた時代のエピソードが壮絶で、チャンス大城さんと友達がヤンキー達に山に連れていかれて、埋められたことがあったそうです!!

 

なんとか、奇跡的に通りがかった人に助けてもらえたそうですが、怖すぎですよね^^;

 

 

他にも、

・父親が寝ているところに野良犬を放す。
・高校の文化祭でドッグレースをやることになり野良犬を捕まえにいった。
・内臓逆位という特異体質だったので、ついたあだ名が「サウザー」。
・サウザーというあだ名が独り歩きして、他校のヤンキーが乗り込んで来た。

などなど、かなり強烈な体験をしているそうですw

 

この中のエピソードをすべらない話で詳しく聞いてみたいですね^^

 

 

また、ダウンタウンの松本さんがラジオで「面白いやつはいじめられなくなる」と言っていたのを聞いて、それを機に、いじめられている状況から抜け出すために笑いの道に進んでいったそうです。

 

実際に、当時大阪で大人気だった「4時ですよーだ」の番組オーディションに参加し、見事合格して、視聴者参加コーナーでコントをやって優勝したことがあったそうです。

その時の優勝賞品がゲーム機だったらしいんですが、学校の番長にすぐに取られてしまったそうです。。。

 

切なすぎますよね^^;

 

 

ただ、それを機に徐々にいじめは減っていったそうで、ダウンタウンのおかげでいじめから解放されたそうです。

 

お笑いの力ってすごいですよね!

スポンサーリンク

 

実は、同期の芸人さんが売れっ子ばかりなんですが…

プロフィールにも書きましたが、チャンス大城さんは、NSC8期生なんですが、13期生として入り直しているんだそうです!

 

かなりレアなことしますよね^^;

 

 

なので、同期の芸人さんは、8期生と13期生になるんですね。

 

 

そして、この8期と13期生は売れっ子が多いんです。

 

 

大阪NSC8期だと、

・千原兄弟
・FUJIWARA
・バッファロー五郎

などが居て、13期生だと、

 

・チュートリアル徳井義実
・野生爆弾
・ブラックマヨネーズ
・次長課長

 

が居ます!

 

すごいメンツですよね!

 

さらに、大阪13期生と同期の名古屋NCSだとスピードワゴンがいます。

 

 

今も活躍している方が大勢いますよね!

 

 

そんな中で、チャンス大城さんは、千原ジュニアさんなどから、「天才」と呼ばれていたそうです!

 

 

まとめ

30年間売れていなかったチャンス大城さんですが、細かすぎて伝わらないモノマネ選手権に続き、すべらない話でも爪あとを残せるのでしょうか?

壮絶なエピソードに期待できるので、MVSも期待できるんではないでしょうか!

 

今後の活躍に期待したいですね^^

 

ではでは。

スポンサーリンク

 - エンタメ